【お金編】第1弾フィリピン留学とオーストラリア留学を徹底的に比較してみた

オーストラリア

 

はいさい(こんにちは)!! 

大雨の日はちょっとテンションがあがるKiKKaKeです(@KiKKaKe

 

今回は、私が経験したことある留学先 2国の比較をしていきたいと思います

 

1つ目が、フィリピンのセブ島に4週間の短期留学

2つ目に、オーストラリアのシドニーに1年間の長期留学

 

この2国の留学経験を経て、良かったところ、悪かったところを

比較しながら、解説していきます!!

と思いましたが、

長くなりそうなでの、今回は

「お金編」

ということで、留学にかかる費用を徹底的に比較していきます

 

【フィリピン留学関連記事】

【1ヶ月】セブ島の留学費用はぶっちゃけ27万140円
短期留学として、大人気のセブ留学!!学生の夏休みや春休みに数週間だけ留学したいと思う人は、一度は留学先として考えたことがあるのではないでしょうか。しかし、実際にのところいくらかかるの? 4週間で、20万円とか30万とか色々あるけど、細かい部分まで計算すると、ぶっちゃけいくらなのーーー?
【本当にスパルタなの?】セブ留学の1日を大公開
短期留学で、有名なフィリピン留学ですが、短期集中型というイメージのせいか「フィリピン留学」=「スパルタ」と思う人が周りに多かったです。しかし、本当にスパルタなのか?どうかを検証するために、今回はセブ留学の1日を密着してみました!

 

【オーストラリア留学関連記事】

【シドニー】私が時給$25で6ヶ月働いたクルーズ船のレストラン
オーストラリアは、物価が高いで有名ですが、実は時給もすごく高いです。そんなオーストラリアのシドニーで時給$25、クルーズ船内レストランのウエイターとして6ヶ月働いた体験談をご紹介します。仕事内容、どうやって見つけたのかまで深掘りしていきます。
【壮絶体験】シドニーホームステイの真実とは
ホームステイで留学を考えている人も多いかと思われます。「ホストファミリーとは仲良くなれるかな」「英語は通じるかな」などの不安があると思います。しかし、そんなこと考えていても何も変わりません。ただし、少しの雰囲気は掴んでおきたいものです。今回は私が体験したホームステイの裏側に迫りたいと思います。

 

スポンサーリンク

留学費用(4週間分)

 

まず、最初に気になるポイントといえば、

留学にかかるお金ですよね

 

今回比較する2国では、「短期」と「長期」ですので、

比較しにくいかもしれないですが、そこは温かい目で見守ってください

それでは、セブ留学とシドニー留学の4週間の費用を比較していきましょう

 

【補足】
ここでは、比較しやすいように、オーストラリアの学費は30週間分から4週間分を計算しています
例えば、(学費=948,200円(30週)÷ 30 = 31,606(1週分) × 4(週) = 126,426円)
学費は、入学金・授業料・教材費込みの計算でお願いします

【4週間】 フィリピン(セブ島) オーストラリア(シドニー)
学費 154,640円(滞在費込み)

126,426円

宿泊費

0円(4人部屋)

59,500円(シェアハウス)

食費 5,000円

20,000円

航空費(往復) 45,000円

100,000円

合計 204,640円

305,926円

 

フィリピンは滞在費込みの学費が一般的

 

フィリピンでは、

学費に「滞在費込み」の計算がほとんどです。

理由としては、語学学校のほとんどが、寮制度だからです

ですので、学費を支払う際に、寮の費用も一緒に払うので、
見積もりの際も、学費と一緒に計算されます。

こんな感じですね↓

  1週間 2週間 3週間 4週間
1人部屋(ホテル) 72,360円 139,320円 206,280円 246,240円
2人部屋(ホテル) 63,720円 122,040円 180,360円 211,680円
3人部屋(寮)

46,980円

89,640円 130,140円 144,720円
4人部屋(寮)

45,360円

85,320円 125,280円 138,240円

 

 

そして、フィリピンの強みとしては、ほとんどの語学学校にある

食堂です

3食付きの食堂は、とても助かりました

 

 

オーストラリアは物価が高すぎ

 

オーストラリアさん、、、

高いですね、さすがというかやはりというか、

私も4週間分の留学費用は計算してこなかったので、ここまで高いとは

 

食費が高い理由は

・食堂がない
・物価が高い
・レストランなんて高すぎ

 

航空費が高い理由は、

・片道が平均50,000円 今回はそれを×2
・4週間の往復なら、7万〜8万くらい
・シンプルにフィリピンより遠い

 

宿泊費が高い理由は、

・私が住んでいた場所は土地が高い
・3人部屋の都市部
・きれいなマンション

など、いろいろな条件があって、パッと見は高く見えてしまいますね、、

 

いや、それでも高いですね

 

しかし、学費の方ではフィリピンよりも下回っています
(もちろん、フィリピンは滞在費込みなので)

 

それでも、12,6426円 

語学学校の料金としては、それなりに良い価格なのかと思いました

 

 

単純計算してみた

 

先ほどは、フィリピンが大差をつけてオーストラリアを負かしましたが

 

とはいえ、他の費用ももちろん留学には必要です

 

ということで、

 

フィリピン留学にかかった費用全て

オーストラリア留学にかかった費用全てを比較していきましょう!!

 

 

まずは、フィリピンのセブ短期留学から!!

ビザは観光ビザで十分!!

保険はもちろん加入!

週末は、結構ツアーに参加して、ちゃっかり観光しました

 

その4週間の留学費用は、、、270,140円

 

まずまずな価格ですね

 

そしたら、気になる

オーストラリアのシドニー長期留学!!

ビザは、学生ビザですので無料ではありません

保険はもちろん加入しました

ゴールドコーストなど、他の都市にも観光しに行きました

 

その12カ月の留学費用とは、約270万円

 

 

ん??

 

270万円で12カ月なら、

 

1カ月の費用は、270万 ÷ 12 = 225,000円

 

ということは、

 

「お金編」で勝利したのは、オーストラリアのシドニー長期留学 でした!!!!

 

第2弾は、「治安編」

 

これは、もうすでに勝敗が予想できそうですが

 

みなさんが思うイメージが意外にも崩れるかもしれません

 

ということで、今回は「お金編」でしたが、

結果

フィリピンのセブ短期留学が
4週間  =   270,140円

オーストラリアのシドニー長期留学が
4週間  =   225,000円

 

という感じでしたが、これはあくまでも単純計算なので、
オーストラリア短期留学のプログラムは、もっと高い可能性が大です

 

次回は、「治安編」ですね

【治安編】第2弾 チェキおばさんには気をつけろ!フィリピン留学VSオーストラリア留学を比較してみた
第2弾 フィリピン留学とオーストラリア留学を比較してみたシリーズです。どこにこの2つの国を比較して、需要があるのかと思いながらも、第2弾「治安編」 もうすでに、予想がつくかもしれませんが、治安が悪い国はどちらなのでしょうか?本当にオーストラリアは治安がいいの?体験談を交えてご紹介します

最後まで、読んでいただきありがとうございました

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました