【第1弾】チンチャ!?オーストラリア留学あるある10選

オーストラリア

はいさい(こんにちは)!!

ひつまぶしは、かつお節の仲間と思っていたきっかけです!(@KiKKaKe10

 

スポンサーリンク

オーストラリアあるある10選

オーストラリア留学経験者とこれからオーストラリアに行く人向けの記事です!

オーストラリアの留学中のあるあるをまとめてみたかったので、
共感してくれる方がいれば嬉しいです!!

それでは、どうぞ!!

 

冬は意外と寒い

オーストラリアは、夏と冬が日本とは逆で、
12月は夏  8月は冬 って感じです

 

夏は、40℃になる日もあるほど、日差しが強く
猛暑が続くことで有名ですが、

だからといって、冬が寒くないというわけではありません

雪が降るほど寒いわけではありませんが、

1桁になる日が続くのは珍しくありません

 

一番やっかいなことは、1日の気温差ですね、、

朝は、10℃

昼は、28℃

夜は、15℃

みたいな感じで、日中はかなり暑い場合もあります

冬にオーストラリアに行く際は、アウターを忘れずに!

(日陰と日差しの気温差もあるあるですね、)

 

韓国語を覚える

これはかなりの人が共感できると思いますが、

オーストラリア留学生に多い割合が、韓国人です

 

もし、オーストラリアに留学するなら、

確実に韓国人の友達ができると思います!

 

そして、同じアジア人だから気が合いめちゃ仲良くなります

その際に、韓国語を覚えちゃいます

そして、「チンチャ」を使いがちになります笑

他にも、

・コリアンレストランにめっちゃ行く

・ソジュで酔っ払う

・ソジュのフレーバーが好きになる

・韓国語と日本語が発音似ていることに気づく

・韓国人にとって「ニキビは病気」という考えに驚く

・親日の韓国人が多く、自分も韓国が好きになってしまう

 

あるあるがたくさんありますね笑

 

公園かビーチでBBQが日常

めちゃめちゃバーベキューします

もう、週8でします(嘘です)

 

っていうのも、オーストラリアでは

バーベキュー用のコンロ?みたいのが公園やビーチの近くにあり、

肉さえあればバーベキューができてしまいます!(無料です)

手軽にできることから、

週末にビーチで集まり

→バーベキューをする(ソーセージとパン買いがち)

→ビーチで遊ぶ(海に入る人は少ない)

→片付け(あまりの肉を鳥にあげる)

→元気な人はバーに行く

 

大きなゴミ箱があることも日本とは違い、助かりますよね!

南米とヨーロッパの留学生のスペックに驚く

 

これも、日本人ならではのあるあるだと思いますが、

南米とヨーロッパの留学生の英語力にめちゃめちゃ驚きます

 

特に、スペイン語を話す人はすでに差があるというか、

一部だけ、スペイン語と英語の単語が似ていることから

圧倒的な単語力の違いがあります

 

発音に関しては、少しだけスペイン語の訛りのようなモノを感じますが

もうすでにペラペラに喋る留学生もいて悔しい思いをしました

 

日本人の良さでもある謙虚さは語学を勉強する時はやはりマイナスな感じもしますね

それに比べて、彼らの積極性や発言力はかなりすごいですね

 

日本人留学生も負けてられませんね!!

 

Coles派とWoolworths派で盛り上がる

 

オーストラリアで有名なスーパーマーケットの

ColesとWoolworthsですが、

どちらのスーパーがいいのか友人と盛り上がります

 

私は個人的にColes派ですね!

なぜなら、家の近くにあったからです笑

どちらとも、半額セールを頻繁にしており、
オーストラリアデーには、怒涛のセール合戦が行われます!!

 

ぜひ、訪れる際は比べてみてくださいね!

 

スケボーとローラースケートで通学

これも朝の通勤時間帯によくみられると思いますが、

スケボーかキックボードで通勤する人がたくさんいます

 

その中でも驚いたのが、ローラースケートで町の中を走る

スーツ姿の男性がいたことです

これが、1回だけではなく、何回も見たことあります

 

きわめつけは、コナンに出てくる

誰もが乗りたくなる自動スケートボードで通勤する人もいます
(本当にいます、コナン君よりは遅いですけど)

 

Kmartが最強説

 

オーストラリアは物価が高いので、そんなに頻繁に私物を買うことができません

しかし、オーストラリアのドン・キホーテとも呼ばれている

Kmartが本当に安いんですよ

そして、シンプルで意外と可愛かったりします
(そこそこのクオリティー)

 

ですので、そこまでおしゃれな服装を目指していないなら

Tシャツにジーンズでオッケーです!!
(総額$20くらいです)

 

そして、冬はシンプルパーカー($15)を買えば、オッケーです!

 

寿司が異常に高い

 

オーストラリアで、回転寿司に行ったことがある人ならわかると思いますが、

1皿なんと$4〜5します

350円くらいです

 

高すぎです、、

味の方が、そこそこというか、あまり好きではありませんでした

日本で、100円でもっと美味しい寿司が食べれると考えるとなおさら行きたいとは思いませんでした

 

しかし、ロール寿司がオーストラリアは有名です

その、サーモンアボ(アボカド)は大好きでした!!
(共感者いてください!!)

 

コンビニにトイレがない

いや、コンビニにはもちろんありません

 

そもそも、公衆トイレがとても少ないです

メルボルンでは、車道の真ん中に公衆トイレがあったりしますが、
(メルボルン暮らしの人ならわかるはず)

 

シドニーは、本当に少ないです
QVBもなぜ、あんなにも大きな建物なのに、1つしかないのか不思議で仕方ありません

 

 Ps.コンビニの店員インド人が多いですよね

 

スーパーで違う商品が違う商品棚にある

 

これは、もう当たり前のような風潮がありますが、

牛乳の商品だなにスナック菓子が置いてあったりします

これは、牛乳を買うときに、
途中で、スナック菓子を買うのをやめた人がその場で商品棚に戻したため、

牛乳の場所にスナック菓子があるという現象が起きています

 

結構、当たり前と言われていますが、

私が、衝撃を受けた時は、

アイスが、お菓子の商品棚にありました!

もうすでに半分溶けていて、商品としてはダメになっていました

 

日本人なら、元にあった場所に戻すのが当たり前とされていますが、

ここでは通用しませんでした!

 

まとめ

 

とういう感じでさーーーーと、10個のあるあるを紹介しました!

が、まだまだありますね、、

 

これが、人気なら第2弾があるかもしれません

第2弾も記事にしました!!

【悲報カンガルーが見れない】第2弾オーストラリア留学あるある10選
はいさい!ということで、第2弾のオーストラリア留学あるある10選をまとめてみました。カンガルーやコアラには以外に会えない、オージーのオーストラリア生活について、お土産を買うならやっぱりチャイニーズマーケットなど、オーストラリア留学のあるあるを一気にご紹介します

 

このあるあるを見て少しでもオーストラリアのイメージがわかれば嬉しいです

 

最後まで読んでいただきありがとうごさいました!!

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました