【第3弾】マンツーマンレッスンで圧勝か?フィリピン留学とオーストラリア留学を比較してみた(学校編)

オーストラリア

 

はいさい(こんにちは)!! 

梅雨が続き、ミニ台風が沖縄にきて少しテンションがあがるKiKKaKeです(@KiKKaKe

 

なんと第3弾 どこに需要あんねんシリーズ 

「フィリピン留学とオーストラリア留学を比較してみた」です!

 

そして、今回は

「学校編」

 

2国に語学留学の経験がある私が、

それぞれの語学学校を比較してみました!

フィリピン→セブ4週間語学留学 

オーストラリア→シドニー1年語学留学

スポンサーリンク

学費を比べてみた

 

語学学校に通うなら、やはり気になるのは

「学費」ですよね

 

過去の記事でも学費についてまとめましたので、

今回はさらっと紹介します!

【前回記事】

【お金編】第1弾フィリピン留学とオーストラリア留学を徹底的に比較してみた
私が経験したことのある留学先、フィリピンとオーストラリアをいろんな面から比較してみました。今回は、第1弾「お金編」です。一番気になるものは、やはり留学費用だと思います。それを今回は、同じステージに立たし、比べてみました。留学費用が安い国はどっち?

 

4週間分の学費をまとめてみた

 

【補足】
ここでは、比較しやすいように、オーストラリアの学費は30週間分から4週間分を計算しています
例えば、(学費=948,200円(30週)÷ 30 = 31,606(1週分) × 4(週) = 126,426円)
学費は、入学金・授業料・教材費込みの計算でお願いします

 

【4週間】 フィリピン(セブ島) オーストラリア(シドニー)
学費 154,640円(滞在費込み)

126,426円

宿泊費

0円(4人部屋)

59,500円(シェアハウス)

 

ん?宿泊費0円?

と言うのも、フィリピン留学で多いことが、滞在費込みで学費を掲載していることがあります。

なぜなら、フィリピンの学校のほとんどに寮があるからです

 

ですので、

学費+宿泊費=154,640円 (セブ留学)

学費+宿泊費=185,926円 (シドニー留学)

 

少しだけ、セブ留学の方が安いですが、
滞在費を含めないで計算すると、さほど差はないですね!

 

まず、授業時間は一緒なの?

 

授業時間はフィリピンが多い

 

レッスン数は一緒なの?

 

フィリピンの方が多いですね!

私の経験上の話ではありますが、

フィリピン(セブ)のレッスン数の方が多かったです!

 

フィリピンでは、スパルタコース

オーストラリアでは、一般英語コースを受講していました!

それでは具体的に比較していきましょう!

 

フィリピン留学(セブ) 『スパルタコース』

・レッスン時間 約50分 × 8レッスン 
 (8時ごろから17時ごろまで)

・休憩約10分

・昼食60分

【8レッスンの内訳】

・5レッスン→ マンツーマンレッスン
・2レッスン→グループレッスン
・1レッスン→グループレッスン(アクティビティ)

フィリピンは、マンツーマンレッスンが主体ですが、詳しくは下で解説しています!

 

オーストラリア留学(シドニー) 『一般英語コース』

・レッスン時間 1日5時間 (4回に分けてレッスン)
 (8時から16時45分まで)

・休憩(コーヒーブレイク)約15分〜20分

・昼食60分

【1日5時間の内訳】

Speaking・Grammar・Listening/Reading・Writing
   の4回に分かれて、同じクラス担当の先生が指導します(詳しくは下で)

 

と言うことで、

フィリピン留学→6時間40分(1日)

オーストラリア留学→5時間(1日)

スパルタなだけあって、少し長いですね!

 

レッスンスタイルと内容

 

先ほど、軽く話しましたが

レッスンスタイルとその内容をさらに深掘りしていきたいと思います!

 

フィリピンのレッスンスタイルと内容

私が、選んだコースは『スパルタコース』というコースでした

 

①まず、朝早くから単語テストがあります!(朝の7時ごろから

なんと、この単語テストに不合格してしまうと、

外出禁止!!(さすが、スパルタ)

 

と思いましたが、こちらの単語テストはコース関係なしに全校生徒必須です!

そして、出題される単語も前日に範囲がわかるので、意外に簡単です!

 

②マンツーマンレッスン×5

フィリピン留学の魅力の1つでもあるマンツーマンレッスン

学校には20人ほどの先生が勤務していて、2畳ほどの部屋がそれぞれの先生にあります!

部屋にはそれぞれ番号が振られているので、週に1回発表される

時間割をチェックして、番号を頼りに部屋に行きます!

 

そして、マンツーマンスタート!

全く英語ができなかった私は、

正直、先生とちゃんとコミュニケーションが取れるかとても心配でした。

しかし、

マンツーマンレッスン 最高です!

先生は、私のペースで話を合わせてくれますし、ゆっくりと学ぶことができるので、

全く英語が喋れない私にとって、最高なレッスンスタイルでした。

 

③グループレッスン×2

マンツーマンレッスンだけしかないと思われがちですが、

実はグループレッスンもちゃんとあります。

複数人(6〜8人)のクラスでグループで学んでいくレッスンです

友達と英語で話す機会が増えて、このレッスンも最高でした

 

グループレッスン(アクティビティ)×1

実は、このアクティビティクラスというものがありました

こちらのクラスでは、「ヨガ」「ダンス」と選択することができます!

学校には、小さな武道場があるので、そちらで講師の方とひたすらレッスン

運動不足だったため、このレッスンも欠かせないものでした

(ちなみに私は、ヨガを選択しました)

 

オーストラリアのレッスンスタイルと内容

 

私は、一般英語コースを選択しました

それでは、詳しくご紹介します!

 

①Speaking・Grammar・Listening/Reading・Writing

英語の基礎でもあるそれぞれを4回に分けてレッスンを受けます

オーストラリアでは、マンツーマンではなく

基本はグループレッスンです(普通の1対複数スタイル)

 

また、レベル分けされたクラス担当の先生1人が全ての教科を

指導するため、

友達だけではなく、先生ともすぐに仲良くなれます!

 

②定期テストでクラス替え

2ヶ月に1回ほどに、テストがあります!

 

こちらのテストに見事合格すると、1つ上のレベルに上がります

つまり、クラスのみんなと先生とお別れということです!

(結構寂しいかったです)

 

③学校でのイベントが多い

授業時間を使って、観光地を回る遠足に行ってみたり、

学校内の個人戦の卓球大会やシドニー学校対抗サッカー大会など

 

定期テストが終わった後の週は、ビーチバレーをしに行くなどもありました!

 

毎週オリジナルなイベントがありました!

イベントは、基本参加無料なため誰でも参加できます

 

結局、学校が楽しかった国は

 

フィリピン留学とオーストラリア留学を比べてみましたが、

 

今回は、

 

 

オーストラリアの勝利です!!!

 

なぜなら、イベントが盛りだくさんあるからです

そして、何よりクラスが自分のレベル別に分けられているからです

 

定期テストで、目標がわかりますし、

何が足りないのかその都度わかります!(先生とのテストご面談で)

 

今回の比較で、オーストラリア留学を決意したまたは、フィリピン留学を諦める人の何かのきっかけになれば幸いです

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました