【初心者目線】グーグルアドセンス合格できた理由は毎日投稿!!?

LIFE

はいさい(こんにちは)!! KiKKaKeです

実は、先日グーグルアドセンス(Google Adsence)に無事に合格できました。

ブログを始めて、20日目にして合格することができましたが、未だになぜ合格できたのかわかりません。

アドセンス合格後、すぐに合格記事を書くなんて、ベタ中のベタかもしれませんが、
私なりに、一番大切な合格の秘訣をご紹介します。

特に特別なことは、行なっていませんが常に心がけていたことがあります。

それは、「毎日投稿」だけです。

スポンサーリンク

困惑してしまう溢れる合格情報

「グーグルアドセンスに合格する方法」など検索すると、

・独自ドメイン

・禁止コンテンツに注意

・お問い合わせページの作成

・記事数・記事の文字数

などの意見が溢れていますね。

私も最低限、上記の方法を試して、申請を行いましたが、

さらに検索を進めると、

「たった5記事でアドセンスに合格できた理由」

「1発でアドセンス合格」

など、少ない記事数で合格できた人もいます。

しかし、中には

「5回目のグーグルアドセンス申請」

「10回もアドセンスを落ちた理由」

などと言った、何回もアドセンス申請を通らなかった人もいます。

私も申請する前は、溢れる情報ばかりで困惑していました。

何が正しいのか、何が間違いなのか、人によって違うとか、結局は「それぞれ」みたいな結論になってしまい、不安が消えないまま、アドセンス申請を行いました

しかし、申請前に私がブログをやる上である約束事を作っていました。

それは、「毎日投稿」です

毎日投稿は辛いよ

何もわからず始めたブログは、「毎日投稿」だけを意識して始めました。

つまり、どんなに忙しくても、雨の日も風の日も、風邪の日も、毎日投稿をを続けました。

ただ、それだけが私のグーグルアドセンスの合格の秘訣だと思います。

SEO対策・有料テーマ・CSSで見やすくするなど、初心者には難易度の高いことは一切せず

ひたすら毎日投稿を続けました

1日1記事

1記事2500文字以上

これだけです

文字数は、私が勝手に設定しましたが、短すぎるとグーグルアドセンスの際に、あまり良い評価がされないと聞き、2500文字が私にちょうどいい文字数でした。

①第一弾「シドニーホームステイの裏側」5/17 3678文字

②第二弾「シドニーシェアハウスのまとめ」5/18 3389文字

③第三弾「シェアハウスをおすすめする理由」5/19 2615文字

④第四弾「シドニー1年留学費用まとめ」5/20 5388文字

⑤第五弾「ジャパレスを働いてはいけない理由」5/21 3668文字

⑥第六弾「オーストラリアでバイト探し」5/22 2542文字

⑦第七弾「オーストラリア運転で罰金$350」5/23 2561文字

⑧第八弾「フィリピン短期留学」5/24 2404文字 あれ?

⑨第九弾「シドニー留学持ち物リストまとめ」5/25 2513文字

⑩第十弾「シドニーってどんなところ」 5/26 3727文字

ちょっとあれ?って部分もありましたが、見逃してください。

しかし、平均で言えば 2,994文字

それなりに多い方ではないかなと思います。

私の過去の記事を見てもらうとわかると思いますが、内容は

「オーストラリア留学」が9割、残りが「沖縄」についてだと思います

上の記事のように、私が経験したことはある記事を毎日投稿していました(一部の記事です)

毎日投稿の時間帯は、バラバラで、文字数もバラバラですが、とりあえず

1日1記事

1記事2500文字

だけを続けていました。

これは、最初の方は意外と楽に作成することができたのですが、

辛く感じたのは2週目に入ってからでした。

ある日の平日、大学の課題や友達からの誘いなどもあり、1文字も書かないまま夜の10時!

あと2時間で記事を作成しなければいけませんが、日中の疲れでやる気も全く起きませんでした。

しかし、私はあることを他に継続的に行なっていたため、無事にその日までに1日1記事を作成することができました。

Twitterで「毎日投稿」を毎日投稿

まず1つ目の理由としては、

「Twitterで「毎日投稿」を毎日投稿」していました。

つまり、ブログを書き終えたら、すぐにTwitterで下記のように投稿します

記事についての写真を載せる時もありましたが、普段の日常風景の写真も載せることもありました。

このように、記事を投稿した後に、Twitterでは記事を作成した証拠として毎日投稿しました。

これが私の毎日投稿ができた1つの作戦でした。

誰かに見られているという環境を自分で作ることで、安易にサボれなくしたのです

別に誰かが私の記事を楽しみにしているわけでもなければ、記事の作成を休んだら誰かが怒るとかそんなことは一切ありませんが、

「記事を作成しなければ、Twitterでこれからの私の信用はなくなる」的なことを思ってしまい、ひたすら毎日投稿を続けていました。

結果としては、毎日投稿を続けれたので効果はあるのかなと思います

1日2記事の内容を考える

これは、人それぞれのやり方があると思います

要は、「ネタ帳」を1日に2つ考えるいう感じですね

1つは、その日の記事。もう1つは、明日、もしくは考えることができなかった日のため

この保険が毎日投稿することができた2つ目の理由です。

実際に、「記事にしたい」と思ったことをメモをとり、空き時間にそれを軽く構成していく

これをたった1日に2つ考えるだけです。

20分もかかりませんでした。大学の講義中にも、、、たまにです

それをしていたことで、記事を書く際にスムーズに作成することができました。

また、私が一度夜の10時まで1文字も手をつけていない日がありましたが、その日は前日に考えていた記事構成を使い、そのまま記事作成をしました。

こんな感じで、万が一に備えることで毎日投稿が現実になりました。

まとめ

ネット検索で溢れる情報で、困惑するかもしれませんが

グーグルアドセンスの合格の一歩として「毎日投稿」

1日1記事

2500文字以上

しかし、毎日投稿は口で言うのは簡単かもしれませんが、意外ときつい。

毎日投稿を継続するために行うことは、

Twitterの毎日投稿で、サボれない環境を作る

記事のアイデアを1日2つ考えてストックしとく

小難しいことは一切不要です、ただ継続あるのみです。

実際に、どれだけ私の記事の内容構成がバラバラだったり、日本語がおかしい部分があるのかを見てみてください。

そうすると、気づくと思います。

「この記事でも合格できるんだー」って、、(あえて、過去の記事は修正しません)

あなたが、グーグルアドセンス合格のきっかけとなれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました