【隠れすぎているBAR】シドニーのとある地下のBARのお話(The Baxter inn)

LIFE

はいさい(こんにちは)!!KiKKaKeです(@KiKKaKe10

オーストラリアには、おしゃれでかっこいいバーがいくつもありますが

その中でも私のお気に入りのバーをご紹介します

「The Baxter Inn」 

こちらをなぜ私がおすすめするのか

こちらが、そのバーの入り口です。何か非常口のような感じで本当にバーなのか疑ってしまいますが、このドアを開けてみると、、

スポンサーリンク

地下一階の隠れBAR 

The Baxter Inn とは、シドニーのタウンホールから歩いて5分ほどで着く場所に位置しています

しかし、多くの人がその存在に気づきません

なぜなら、

・地下一階

・入り口が非常口のようなデザイン

・外から一切店内が見れない

・入り口も、道路に面しているのではなく敷地内から

・近くに他のバーがあるので、ほとんどがそこに行く

などですね。

見つける難易度が高すぎます、、

私は、たまたま散歩が趣味な友人から

隠れすぎているBARを見つけた!!」と誘われ

ついていくと、本当に隠れすぎており、入り口を開けるまで完全に疑ってました

隠れすぎているBARを見つける方法

今回は、そのBARの見つけ方をご紹介します

場所はここです

地図では、この付近まではたどり着くことができますが、

細い道案内が必要になるので、そこは私がご紹介します

この正門(のような)場所を見つけてください

これを見つけなければ、先に進めません、、見つけましたか?

そうするとこの門をくぐり、まっすぐ進みます

すると、目の前に2つのBAR(レストランのような)があります

「とてもおしゃれで、ここでいいじゃないか!!」と思いますが、

そこは華麗にスルーしてください

右手の方を向くとガードマンがいると思います。(いない日もあるそうです)

「ん?なんでそこに突っ立ってるの?」と思う人がいたら、その人がガードマンです笑

そこの近くに地下に降りれる階段があります(右の隅にあります)

すると、このドアが見つかります。

非常口??と思ったらそのドアが正解です笑

そこを開けると、

 

なんとオサレなバーなんでしょうか、、

あとは、カウンターやテーブル席に自由に座り、直接バーテンダーに注文するだけです!

個人的には、カウンターがおすすめです!!(本当にカウンターがいいと思います)

種類が豊富なメニュー

一番最初の写真を見ればわかると思いますが、お酒の種類が本当にすごいです(語彙力)

その中でも私が驚いたのは、沖縄県のあの有名な泡盛シリーズの「くら」がありました

沖縄県出身の私からしたら、これほど嬉しいことはありませんでした。

シドニーで沖縄のお酒に巡り合うなんて、、

興奮してしまい、慣れないお酒をロックで注文

友人は、兵庫県出身だったため、「明石」と言うお酒を飲んでいました

他にも、カクテル・ワインなど豊富すぎるメニューでした

バーテンダーが他とは違うの風格

私は、あまりバーテンダーについては知りませんが、友人が詳しかったのでお話をお聞きしました

ここでバーテンダーとして働くことは、かなり難しいらしい

選りすぐりのバーテンダーが揃っているとのこと、、

実際に、私が体験した彼らのサービスは、丁寧さの中に親しみやすさなどを感じ、すぐにバーテンダーの人と意気投合しました(英語が早すぎて、半分しか理解できませんでしたが)

バーテンダーの資質として、美味しいお酒を作るだけではなく、コミュニケーション能力も必要と感じるほどでした。

もちろん、お酒もとてつもなく美味しかったです(当時19歳)、、

ぜひ行ってください

・16時〜1時まで

・日曜日は定休日

タイトルとURLをコピーしました