【1ヶ月】セブ島の留学費用はぶっちゃけ27万140円

フィリピン,

はいさい(こんにちは)!KiKKaKeです(@KiKKaKe10

 

友人から、こんな相談を受けました

 

フィリピン留学って、ぶっちゃけ

1ヶ月でいくらかかるの??

 

 

27万円!!(即答)

今回は、この27万円をさらに細かく解説していきます!!

 

ちなみに、今回の留学の内容というのは、

・1ヶ月間(4週間)
・フィリピンのセブ島
・語学学校に通う(スパルタ?クラス)
・学校の寮を利用する
・週末のプチツアー有り

という感じの内容から、費用を紹介していきます!!

フィリピン留学 関連記事

セブ留学のメリットとデメリット【完全版】
セブ留学が人気上昇中で、セブ短期留学の経験からメリットとデメリットをまとめてみました。マンツーマンスタイルは、魅力的ですが先生と英語が喋れるか不安な方もいると思います。航空費は、フィジーなどの国と比べれば一目瞭然!また、治安が悪いイメージが強いですよね。注意事項などもまとめて、徹底解説します
【簡単紹介版】5分でわかる!フィリピン短期留学
フィリピン留学を考えている人必見です。私の経験からフィリピン留学の要点だけをまとめました。セブ島での4週間を5分にまとめたので、温かい目でご覧ください。
スポンサーリンク

学費

一番大きな割合になるであろう費用の1つが「学費」ですね

この学費には一体どの費用までが含まれているのか?

 

滞在費も含まれることが多い

他のサイトで見てみると、多くの紹介サイトでは

 

【学費】= (授業料 + 滞在費) 

 

と紹介しているところが多いです。

なぜかというと、フィリピンの語学学校では、ほとんどが寮制度です。
(1人、2人部屋だとホテルの場合もあります。後で解説します)

ですので、学校に支払う費用がどうしても「滞在費込み」となってしまうのです。

 

授業のコースとシェア人数で学費が決まる

下の表でまとめてみました。

あくまで目安ではありますが、こちらは私が通っていた語学学校の料金です
(2019年6月19日 U$1=108円 )

1日に授業時間が約8時間のコースです(スパルタコースって呼ばれてました)

  1週間 2週間 3週間 4週間
1人部屋(ホテル) 72,360円 139,320円 206,280円 246,240円
2人部屋(ホテル) 63,720円 122,040円 180,360円 211,680円
3人部屋(寮)

46,980円

89,640円 130,140円 144,720円
4人部屋(寮)

45,360円

85,320円 125,280円 138,240円

 

これを安いと思うのか、どうかですね。

正直な話、かなり安いと思います!! 

私は、4週間の4人部屋だったので、138,240円ですね!!

 

忘れがちな入学金

授業料などに気をとられ、忘れがちですが、必ずどの学校にもあるものといえば

「入学金」ですね

 

私の場合は、約15,000円でした

 

高い、、、

やはり、学費が安いだけに気を取られていてはダメですね、、

 

教材費

教科書を、入学時に購入します。

何冊か買った覚えがあります。そしてなぜだかわかりませんが、値段もはっきり覚えています

700ペソ(約1,400円)でした

補足
シェアルームをする人必見ですが、意外にもその部屋の中に使われていない(前の人が置いてった)教科書がありますので、時間があればそこから譲りもらうこともありかもですね

 

航空費

時期や何日後のチケットを取るかによって、価格の変動が大きい航空費

 

今回は、1番学生が留学する確率の高い、夏休みと春休みに1ヶ月行くとして
調べてみました。
2019年6月15日調査

関空発 4週間  (往復)

8月ごろ

2月ごろ

フィリピン(セブ)

最安30,895円

最適54,740円

最安35,437円

最適61,532円

かなり安い、、、
3万で、往復で海外に行ける!! 1周回って、怖いですね

 

私が留学に行った時は、45,000円くらいだったと思います。
沖縄発→韓国経由→セブ でした。北に一度行き、南に行くというなんと効率の悪い笑

 

海外保険

 

海外保険ってやっぱり入ってた方がいいですか?

強くおすすめします。

海外保険に入るかどうかを悩んでいる人もいるかもしれませんが、

 

個人的には、「絶対に入った方がいい」と思います。

下の記事を読めば、少しその理由が見えてくると思います↓

セブ留学のメリットとデメリット【完全版】
セブ留学が人気上昇中で、セブ短期留学の経験からメリットとデメリットをまとめてみました。マンツーマンスタイルは、魅力的ですが先生と英語が喋れるか不安な方もいると思います。航空費は、フィジーなどの国と比べれば一目瞭然!また、治安が悪いイメージが強いですよね。注意事項などもまとめて、徹底解説します

 

この記事にも書いてるように、
治安も悪ければ、食事にあたる可能性もあります

お医者にお世話になると高額な医療費が要求される可能性が、、

私は、もちろん海外保険に加入していました

AIGの海外保険で 15,000円くらいだったと思います

これに関しては、あまり安いとは言えませんね、安いものでは6,000円代の保険もあります

 

ビザ

これは、正直な話 あまり気にせずいきましょう

私の時もあまり気にしていませんでした

 

現地で働くことがない限り、難しいことはありません

 

観光ビザで十分です

 

観光ビザは無料ですので、ここはお金はかかりません

しかし、滞在期間は30日以内に限ります。

つまり、4週間以内のコースを選択していない限り、観光ビザの延長を行う必要があります

ビザと一緒に覚えておきたいSSP

SSPとは、簡単にいうと「就学許可書」です

語学学校に通うのであれば、必ず取得するように義務付けられています。

こちらは、現地での発行となりますので、日本で取得できません

 

学校の方が代理で発行するので、代行料込みで約7000ペソ(約15,000円

 

ビザでお金かからなっかのに、こんなとこで、消費するとは思いませんでした

光熱費

寮の滞在費は、もうすでに確認しましたが、

 

実は、これには光熱費が含まれておりません(そりゃそうだ)

 

しかし、光熱費はそこまで高くないと思います

なぜなら、私は4人部屋だったので、4人で光熱費を分けていました

 

そして、なんと1人のシェアメイトはかなりの節約家だったので、そのおかげで

1ヶ月500円で済みました。 約2000円を4人でわる

 

部屋で過ごすことよりも、ロービーや食堂で過ごすことが多かったので、その理由もあると思います

 

お小遣い

 

セブ島自体が、物価がそこまで高くはないので、そんなにお金を使うことがありません。

タクシーを乗る時やたまに外で食事、週末にプチツアーを行くときに使いました

 

私のお小遣いは約40,000円でした

 

結構使いました。ジンベエザメとのホエールウォッチングや3星レストランのバイキングなど、そこでしか味わえないような体験をしました

 

物価が安いのですが、ぼったくりの方もちらほら、、

お金の使い方には気をつけましょう

 

まとめ

 

今回のものを全て足すと、、、

 

270,140円

 

中々ですね、、、

 

これが現実的な費用なのかと思います。

 

私の場合は、結構贅沢なお金の使い方をしていました。

・週末3回は、島に行ったりなどの観光ツアーに参加

・お土産は大量

・ナイトプールや高級ホテル内のプール

・3星レストランのバイキング

・その他観光地でのアクティビティ

 

など、意外にも楽しんでいたので、この額になったのかなと思います。

後から考えれば、もっと節約できたなと思えるところもあるので、
27万円より低く見積もる事もできますね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました