【コモンウェルスバンク】オーストラリアの銀行を解約しなかったらお金が減った!(1年間放置)

オーストラリア

はいさい(こんにちは)!!

眠る時は、うつ伏せが好きなきっかけです(@KiKKaKe

 

オーストラリアでかなりのシェア率を誇る銀行といえば、

コモンウェルスバンク!

そのオーストラリアの銀行を、解約しないまま帰国したら

口座のお金がどんどん減っていったお話をまとめてみました!

 

・コモンウェルスの解約ができなかった場合

・帰国して、1年間放置すると

・1年後に解約した方法とは

この記事で、留学終了あたりで一番不安になる

銀行関係のお話を公開します!

スポンサーリンク

現地で解約の時に気をつけること

現地での解約が一番安全・安心なのですが、

ちなみに、私はシドニーで口座を開設しました!

現地で解約する場合

銀行を解約する際は、その銀行の支店に行き、手続きをすれば、数十分で終わります

その際には、パスポートを忘れずに

 

口座にある残金の方は、現金で銀行の方から渡されるので、

無理して現地で使う必要はありません!

 

解約間近で取引を行わない

これが一番気をつけなければいけないことですね

というのも、

 

解約する際に、処理中の取引があると

その日に解約ができません

 

特に、コモンウェルスバンクはカードでタップでのお支払いができるので、

気づかないうちに、解約の日に使用している場合があります

 

私の場合は、
交通違反をしてしまい、ポリスに罰金$350を支払わなければいけませんでした
【詳しくはこの記事で】

【車を運転するなら必読】オーストラリアで絶対にしてはいけないこと。ドライブ編
オーストラリアで車を運転する人は必ず、お読みになって下さい。日本よりも道路取り締まりが厳しいオーストラリア、どのくらい厳しいのか?それとも、緩いのか?そちらを徹底解説していきあます。

その罰金を払うために、帰国の日にネット上で支払いました
(何もかもギリギリになってしまうんです)

その際に、私のコモンウェルスバンクの口座から振り込みました

 

その後に、銀行に解約しに行きました

 

しかーし、、

 

 

先ほどの罰金の支払いがまだ、「処理中」だったため

 

解約することができませんでした

 

そのまま帰国してみた

もう、帰国する日だったため、そりゃもう、、、

解約せずに、帰国しました

 

帰国してそのまま放置

 

解約せずに、帰国するした時に行うべき対処法とは

・電話で解約手続きを行う

がベストです

コモンウェルスバンクは、日本から電話で解約することができます

 

しかし、私はそのまま放置してしまいました

 

それが間違いでした、、、

(いや、そこまで重い話ではありませんが笑)

 

帰国して1年が経ちました

 

2月ごろに帰国して、そのまま放置していましたが

 

変化が起こったのは、次の年の1月ごろでした

もともと、口座には$20あったのですが、

それが、$16になっていたんです

 

調べてみると、

コモンウェルスバンクの口座維持費が月$4と書かれていました

 

 

うわーーなんとかしないと、、

口座には$20あって、それがマイナス$4

 

つまり、あと4ヶ月しか猶予がない!

$0になると、どうなるのか不安も募り、どうにかしようと考え直しました
(何もかもギリギリにならないと動かないタイプです)

 

運よくメルボルン旅行に

 

これは、運が良すぎました

こんな話、参考になるかどうかわかりませんが、

なんと、その年の3月にメルボルンに旅行することになりました

 

 

よし、メルボルンで解約しよう

ということで、

 

メルボルンの旅行の際に、

コモンウェルスバンクの支店にいき、解約に成功!!!

 

そして、口座の残り、$12が手元に帰ってきました!!

後、3ヶ月遅ければ $0でしたね、、

 

手続きも、20分くらいで終わったので、そのあとは
ゆっくりとメルボルンを観光しました!!

 

まとめ

 

ということで、結論!!

帰国間近は、バンクの取引を行わず、

現金で生活して、早めの解約をおすすめします!!

 

この体験でわかったことが、

・解約せずに帰国はできます(そりゃそうだ)

・1年後(実際は10ヶ月後)に口座維持費が発生!

・シドニーで契約して、メルボルンで解約ができる

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました