【シドニー】フィッシュマーケットで買い物!(ひつまぶしをオーストラリアで)

オーストラリア

はいさい(こんにちは)!!

将来、洋服はぜんぶユニクロで揃えたいきっかけです(@KiKKaKe

 

オーストラリアのシドニーで有名な「フィッシュマーケット!!」

 

今回は、そこで買った新鮮なお魚を使った料理をご紹介します!

フィッシュマーケットにどんなものがあるのかがわかってくれれば、幸いです!

 

スポンサーリンク

フィッシュマーケットとは

オーストラリアのシドニーで有名な魚市場の
フィッシュマーケット」!!

 

朝早くから、魚が水揚げされ、新鮮な状態で市場に並びます!!

ちなみに、世界2位の水揚げ高を誇るフィッシュマーケット!

 

スーパーでは、見つけることができない新鮮な魚に出会うことができます!

 

営業時間
午前7時〜午後16時

 

【補足】

午前7時からフィッシュマーケットはオープンしていますが、
もし訪れるのならば、ランチタイムは避けましょう

なぜなら、混みまくってます
バスのツアーで団体の観光客で、マーケットは大混雑です

ということで、

フィッシュマーケットにどんな魚を買うことができるのか、

そして、どんな料理を作ることができるのか!

写真付きで、ご紹介します!!

 

寿司をするならフィッシュマーケットで!

 

日本人なら、寿司を食べてみたいですよね

ホームパーティーでスシパーティーをするなら、やはり新鮮が1番!!

 

オーストラリアのスーパー(colesなど)でも、サーモンの切り身を買うことができますが、

正直な話、あまりオススメはしません。

 

まず、価格はフィッシュマーケットと大差はありませんが、

鮮度が全然違うので、フィッシュマーケットまで足を運ぶ価値があります

 

スシパーティーを急にしたくなったシェアメイトと作ったスシです

シュールな写真ですね、、笑

こちらの切り身は、もちろんフィッシュマーケットで書いました!

 

【メリット①】
フィッシュマーケットで切り身を注文するとき、キログラムで注文することができますが、
その時に、お店の人に『1口サイズに切ってほしい』と伝えると、薄く切ってくれます
もし、スシパをするなら、頼んでみてくださいね!!

 

豊富な種類 エビ!カニ!アワビ!

 

魚だけではなく、種類が豊富な甲殻類、貝類を書くことができます

 

【エビとマッスル貝(ムール貝)のパスタ】

唯一、写真がいい感じに撮れている料理です!
(私の写真を撮るセンスが、、、)

フィッシュマーケットだけで買った(野菜も含めて)具材で作ったシーフードパスタ!

このサイズのエビならそこまで高くはありません。
また、ムール貝が有名なオーストラリア(NZも)では、かなり安く手に入れることができます

 

【アワビはこんなにも大きい】

料理ではありませんが、
この大きさを紹介したくて、公開しました

少し、見た目がグロいですね、、

 

【カニ飯べんとう】

 

なんじゃこのべんとう!!

迫力というか、なんかインパクトのあるカニ飯!!

カニの身と一緒にお米をたいて、カニ飯の完成!!

 

しかし、カニはかなり高いです、、
ですので、写真でもわかりますが小ぶりなカニしか買うことができませんでした

 

うなぎを使って、ひつまぶし!

日本では、愛知県で有名なうなぎ料理の一つ、ひつまぶし!!

恥ずかしことに、オーストラリアで私は「ひつまぶし」の存在を知りました、、笑

うなぎも買うことができるフィッシュマーケットで
念願のひつまぶし!!!

 

本当に美味しかったです。

2匹分で、$15でした!! 安い!!

もちろん、ひつまぶしですので後々、出汁と一緒に食べました!最高でした

私の人生の初めてのひつまぶしは、オーストラリアで経験することになりました!
(いつか、本場のひつまぶしを食べに行きたいです、噂では5000円ほどするとか、、泣)

 

まとめ

 

ほんの一部しか紹介することができませんでしたが、

少しでも、フィッシュマーケットの魅力を知ることができれば嬉しいです

 

海の幸だけではなく、新鮮な野菜、出来立てのパンなど
多種多様なマーケットで、フィッシュ以外でもショッピングを楽しめることができます!

*写真の料理はシェアメイトが作ってくれました 
 趣味でこのレベル、、

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました

 

タイトルとURLをコピーしました