南城市でユンタク〜するなら「浜辺の茶屋」へ(初代浜辺のカフェ)

カフェ

はいさい(こんにちは)

最近、白湯を風呂上がりに飲むのが日課のきっかけです(@KiKKaKe

 

皆さん、南城市にある「浜辺の茶屋」って知っていますか?

さちばるやーどぅいという集落の一部にある海に浮かぶカフェです

 

というわけで、早速紹介していきます!!!

スポンサーリンク

海辺に浮かぶカフェ「浜辺の茶屋」

沖縄県で初めて、海の近くに(浜辺に)できたカフェとも言われています。

昔から、県民だけではなく、観光客からも絶大の人気を誇るカフェです

 

いろんな席から海を眺めることができる

 

浜辺の茶屋さんでは、

全席38席あり、

海が見えるカウンター席10席(店内)

4人がけテーブル席(店内)

木陰にある席4席(店外)

浜辺の席8席(店外、テント有り)

屋上のテラス席8席(店外)

それぞれ、海の見える角度が違うため、席1つ1つにそれぞれの景色があります。

 

ちなみに、店長オススメの席と時間帯は、

冬場(秋、冬)の18時から19時にかけての夕日と満潮の海のコントラストが最高だそうです。

私が行った時は、干潮の真昼間だったのでまた、時間を合わせて行きたいと思います。

 

待ち時間もジブリの世界観に癒されてください

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

飛行機2時間遅れで無事に帰ってきました。 最終日はやっと晴れて海がきれいだった。 #okinawa #浜辺の茶屋 #海がきれい

Eiichiさん(@takanoctobre)がシェアした投稿 –

 

土日やピークの時間帯(ランチタイムや夕暮れ時)は、かなり待ちます。

電話での予約を受け付けていないんで、店内入口付近の予約名簿に名前を記入しなければいけません。

30分〜1時間くらい待つときもあります。

 

しかし、待ちながらも映えスポットが周辺に散らばっているので、友達や恋人と

探してみるのもいいかもしれません。

また、トイレは店内とは別にあるので、お店に入らずおっけー!

*階段がそれなりに急なので、待ち時間は浜辺に行くことをおすすめします

 

色鮮やかなフードメニューとフレッシュジュース

ランチタイムの予算は約1,000円〜1,500円です

こちらの料理は、カンパーニュサンドイッチです

中には、県産の野菜からクリームチーズやパイナップルも入ってて盛りだくさんです

 

ジュースは、パッションフルーツジュース!!(もう少しだけ濃い方が好きかも、、)

他にも、こだわりのブレンドコーヒーやヘルシープレートなどメニューも豊富でした。

 

看板ネコのミケちゃん

なんとなんと、なんとも可愛らしい猫がレジの上に、、、笑

そうなんです。

こちらの浜辺の茶屋では、看板猫のミケちゃんが店内を歩き回っています

人懐っこく、品のあるネコちゃんって感じでした

 

レジの下に注意書きがありましたが、

*ご機嫌が斜めな時がありますので、触らないでください

かわいずぎて、触っちゃいますよね笑

オススメの時間帯は8~10時

実はですが、あまり知られていないモーニングサービスがあることを皆さんはご存知ですか?

 

普段は、10~20:00までの浜辺の茶屋さんですが、

金土日は、なんと8時からオープンしており、モーニングの対応をしています。

公式のパンフレットにも記載されていますが、

あまり知られていないらしく、混雑具合も平日のランチタイムに比べると優しい方だとか

 

ですので、並ばずにゆっくりとして行きたい人はこの時間帯を狙った方がいいかもしれませんね。

 

補足情報

これからは、店長さんから直接聞いたお話を基づいて情報を公開します

 

・水着入店はオッケー(露出は控える)

・裸足はNG(基本自己責任ですが、けがする可能性がある)

・フードの変更(苦手なもの抜きなどくらいなら全然オッケー)

・お持ち帰りはオッケー(しかし、マイボトルは断っているらしい。コップで量を測っているため)

・ベビーカーでの入店はオッケー(可能な限り、スタッフが協力)

・カヌーや映画公開などのイベントがある(公式ホームページで日程を確認できます)

 

【浜辺の茶屋】月〜木 10時から20時まで 金土日8時から20時まで

駐車場は、砂利道に8台停めれます。

少し、道幅が狭いんで、運転機を付けてくださいね!!

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました