【高3生の悲痛】休校により受験勉強で格差が出る(9月入学に賛成?)

LIFE

はいさい(こんにちは)きっかけです

沖縄県は明日、5月21日から小・中・高校が再開されますね。

4月にできなかった入学式や友達と久しぶり会うことが楽しみな学生もいると思います。

しかし、現実的な問題も浮上しています

それが『高校三年の受験勉強への格差』

誰でも理解できるように簡単に、大学生の1意見を交えてまとめてみました

9月入学のメリット・デメリット

【メリット】

・学習の遅れを取り戻せる
・海外からの留学や留学生の受け入れがスムーズになる
・冬場の試験を避けられる

【デメリット】

・会計年度や採用などや社会の影響大
・小学校に入る年齢に遅れ
・私立校の学費収入が減る可能性

過去記事に9月入学についてまとめています

【9月入学濃厚か?】賛成?反対?大学生の意見とは(逃げというよりむしろ攻め)
正直今回はあまり記事にしない内容ですが、少し気になったので、、、大学生の一意見として読んでくれたら幸いですね。9月から入学説が急浮上新型コロナウイルスの影響で、学校が休校する状況になってしまいました。緊急事態宣言が5月6日までとなっていましたが、それも延長するのかな、、、 ...

今回の「高3生の悲痛」とは

「高3生の悲痛」という言葉が今ネット上で飛び交っていますが、これはどういう意味なんでしょうか

今回の新型コロナウイルスで全国の学校が休校になりました。

その影響でオンライン授業ができた学校とできなかった学校。

または、お家が勉強できる環境かそうでないかなど、学生間での勉強格差が生まれ始めました

 

そんな中で、新型コロナウイルスが少しずつ終息し始めました。(まだまだ安心はできませんが)

いくつかの都道府県では、緊急事態宣言が解除され全国的に解除されるのも時間の問題だと思います

 

そして学校の休校も終わり、改めて新学期が再スタートしようとしています。

喜ばしいニュースの反面、学生からは不安な声が上がります

それが「高校三年生の大学受験による勉強格差」です

これから新高校三年生になる学生は、すでに開いている格差により不安や焦りが出てくると思います

そんな学生からは、「9月入学」を希望する意見も浮上してきています。

しかし、ネット上では賛否両論が、、

SNSでの意見

男性
 

正直、この自粛期間全然勉強できる環境ではなかった。

どこの地域でも同じ環境ではないことを知ってほしい

冬場の試験を避けるために9月入学にしたほうがいい。
また感染者が増える時期に試験を行うのはリスクが高いのでは

そもそも、勉強してなかった人が悪い。

休校でもオンラインがなくても自習をしてないのか?

9月入学には反対です。

ただでさえ、入試制度も変わりこれ以上振り回されるのはかわいそう

んー色々な意見が飛び交いますね。

高校3年生本人たちは、結構な割合で9月入学を希望している人もいますが、

それでも「入試制度」の変更で振り回されている世代でもあり、これ以上はもう嫌だという意見する学生も

まとめ

ここからは個人の見解です(批判も称賛もなしです)

かなり難しい問題ですよね、これって。

今年から入試制度も変わり、さらに社会的にもデメリットもあるので、

「9月入学」は、難しい可能性はあるというのが正直な意見です。

(まず、、もう再開する学校もあり、迅速な対応が政府が行えるのかどうか、、、)

 

しかし、「勉強できなかったのは自己責任だ」という意見には反論しますね、、

まず大学入試制度が大きく変化して、情報も何もないまま勉強は難しいかと

そもそも、矛先が9月入学を希望する高校生になっているのがなんか違う気がします。

そして、少し前まで高校生だった私ですが、

体育祭や文化祭などの高校生のイベントやインターハイ甲子園の中止など

高校3年間と限られた時間を削られるのは、悔しくやり切れない気持ちにもなります

 

国や政府、さらにいうと大人は、そんな学生を批判するのではなく

傷ついた、精神的にもやられている学生のケアをしていくべきなのではないかと思います。

 

という大学生の1意見でした。

高校生の皆さん、辛いかもしれませんが応援しています。負けないでください

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました