「沖縄の海は昔はもっと綺麗だったのに、、」と言いたくないので、今書き留めます。

LIFE

はいさい(こんにちは)きっかけです(@KiKKaKe10)

 

今回は、文字ばかりの記事になってしまいますが、少しだけ耳を貸してください
(耳というか記事なので、目を貸してください)

 

私は、沖縄県で生まれ、この20年沖縄で育ってきました

沖縄といえば、皆さん何を思い浮かべますか?

「沖縄そば?」「国際通り?」「ウチナーグチ?」

 

おそらくですが、7割の人が思い浮かべるのが、

「青くて綺麗な海」

 

私も大好きな沖縄の海は、

夏のシーズンになると透明度の高い海で、魚と一緒に泳いだり、

冬は、茜色の夕焼けを見ながら黄昏ていく。

 

沖縄県民にとって、沖縄の海は生活の一部になっています。

当たり前のように沖縄の海と接していますが、

綺麗な海はどこにでもあるわけではありません。

 

しかし、こんな綺麗な沖縄の海を私たちの両親はこう言います。

「沖縄の海は、昔はもっと綺麗だったよー」

 

驚きと同時に、悲しくもなりました。

 

確かに、今でも沖縄の海はとても綺麗です。

しかし、毎年汚染され続けているのが現実です、、

 

原因は、「人」です

特に私が言いたいのは、沖縄県民の皆さんです。

 

沖縄県は、毎年観光客が増加傾向にあり、

2018年にハワイをこし、

2019年には、999万9000人の観光客が沖縄に訪れてきてくれました。

しかし、年々増加する観光客に対して、「沖縄」自体が完全な準備不足だったため

キャパオーバーしてしまいました。

交通整備、宿泊数などせっかく来てくれた観光客が満足な観光ができないという状態になってしまいました。

 

そんなことは、沖縄県民の方は数年前から知っていますが、

それよりも観光客数の増加が想定外だったのかもしれません
(それでも、上の人たちはどうにかしてほしいと思います)

 

しかし!!!

沖縄の海が汚くなった理由を

観光客の増加」だけのせいにしている沖縄県民の方。

 

それは少し違うと思います。

確かに、急増した観光客により沖縄の海は汚染されてしました。

・完全に定員オーバーしている観光地

・マナーが悪い観光客(ポイ捨てやゴミを残す)

など、全ての観光客がこういうことをしているとは言いませんが、

実際に、何回もビーチにゴミを捨てている海外観光客を見たことがあります。

(ビーチで散歩していたら、マックの紙袋を丸ごと捨てたの見たときはかなり衝撃的でした)

 

でも、それって本当に観光客だけがしていることですか?

先日、地元のビーチに遊びに行きました。

それは、夏の終わりに毎年見る光景でした

沖縄の白い砂浜にポツポツと見える黒い塊。

よく見てみると、あちらこちらで見えます。

 

ビーチでBBQをした時に、砂浜に穴を掘って火をつけた後、木炭をそのまま埋めた後です。

木炭は、木を燃やした自然のものだと勘違いし、砂浜に埋めても分解してくれると考えている人が多です。

確かに、木炭の処理は大変かもしれませんが、このままでは木炭だらけの砂浜になってしまいます。

 

ちなみに、この行為をしている人は地元の人がしていることが殆どです。

現に、県民の方が地元のビーチでBBQパティーをしていて砂浜に穴を掘って火をつけていました。

後日、見てみると、薄っすら見える木炭がありました。

また、高熱な木炭に砂をかけただけだったので、まだ熱を持っていました

気づかずに、砂を掘ると確実に火傷をしてしまいます。

 

そして、日焼け止めを意識して海に入っていますか?

これも観光客だけではなく、県民にも言えることです。

現在では、海に優しい日焼け止めがかなり手に入りやすくなりましたが、

未だに、大量に塗った一般の日焼け止めで海に入り、汚染している光景が見えます。

 

最近ではそれが原因で、海に脂(泡)が浮かんでいます。

 

そして、一番衝撃的なことは、

海の岩場の方に洗濯機が捨てられていました。

 

これって、本当に観光客の方が捨てたのでしょうか?

もう少し、自分の行動を見つめなおしてください

 

沖縄の新聞やテレビ、ひどい時は学校の授業で聞いたことがあるかもしれませんが、

「観光客のマナーが悪くて、海が汚くなっている」

「観光客増加により、ゴミが増加」

「沖縄の海を県民で綺麗にしましょう」

 

確かに間違ったことは言っていません。

しかし、本当の真実を伝えるなら、

「観光客と県民のマナーが悪くて、海が汚くなっている」

「観光客増加と県民意識低さにより、ゴミの増加」

「沖縄の海は汚した県民で綺麗にしましょう」

 

観光客のせいにして、自分たちの行動に目を背けているのではないでしょうか。

私たちができることは、観光客にマナーや沖縄の海の大切さを伝えること

そして、私たちの意識を変えていくことが必要だと感じす。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました