【完全版】シドニーでローカルアルバイトをしていた時の私の当時のスキル(このレベルで働けました)

オーストラリア

はいさい(こんにちは)

最近、AirPodsが欲しいきっかけです(@KiKKaKe10

 

私の過去の記事でこう言った記事がありました。
(もし、読んでいない方がいたら、こちらの記事から読んだ方がいいかもしれません↓)

【シドニー】私が時給$25で6ヶ月働いたクルーズ船のレストラン
オーストラリアは、物価が高いで有名ですが、実は時給もすごく高いです。そんなオーストラリアのシドニーで時給$25、クルーズ船内レストランのウエイターとして6ヶ月働いた体験談をご紹介します。仕事内容、どうやって見つけたのかまで深掘りしていきます。

 

ここでは、私が働いていたクルーズ船のお仕事についてご紹介していました。

今回は、私が働き始めた時のレベル(英語や接客など)を公開します

この記事を見て、

「そのレベルでも、ローカルで働くことができるんだ」と思ってくれたら幸いです。

 

スポンサーリンク

ローカルで働き始めた時の私

シドニーでローカルアルバイトを始めた時は、留学してから5ヶ月目くらいだと思います。

前半は、J-shine(小学生英語教師資格)が忙しく働いていませんでした。

【経験者】オーストラリアで英語教師免許を取得する方法
今回は、英語を学ぶなら何かしらの形を残したいと思っている方必見です。私がオーストラリア留学1年した中で取得した英語教師資格の「J-shine」をご紹介します。J-shineでは何を学ぶのか?英語のレベルは最低限どのくらいなのかを、私の体験談を踏まえて話していきたいと思います。

 

それでは、「働き始めの私」を公開します

英語レベルはPre-intermediate

当時の私の英語のレベルは、語学学校のクラスでいうところのPre-intermediateでした(中級レベル)

語学学校のクラスでは、その頃は「現在進行形や過去進行形」のレッスンでした

友達とは、それなりにコミュニケーションは取れました。

明日の予定やちょっとした恋愛相談くらいならなんの問題もありませんでした。

 

もちろんですが、レストランで注文もバッチリ!!

ただ、少し専門的になったり、ネイティブの英語には苦戦していました

 

ウェイター経験はゼロ0

日本でアルバイトは、1年ほどしていましたが

ウェイターとは、全く業種の違うものをしてました、ですので、ウェイター経験は全くのゼロです

 

クルーズ船のアルバイトの面接の時は、お皿の3枚持ちのテストがありました。

こちらは、面接前に少しだけ練習していたので、すぐにできました。

トレーにワイングラスを4つのせて運ぶテストは、ぎりぎりでなんとか行けました。

 

当時の私は、接客英語はわかりませんでした。

基礎はそれなりにできていたので、少しだけ分かるくらいです

バイト初日から、ずっとスタッフの真似をしながら働いていました。

 

スタッフと積極的に話す

「仕事もまだ慣れていない。」

「英語もまだまだ未熟。」

なので、積極的にスタッフのコミュニケーションを図ろうと思いました。

もちろん、英語で、、、、

 

クルーズ船では、私を含む日本人3人以外に

アジア系8人、ヨーロッパ・アメリカ系10〜人、オージー数人でした

日本人スタッフを含む、他国のスタッフは皆さん英語がペラペラ!!

 

ですので、なおさら拙い英語で必死に話しかけてコミュニケーションをとっていました。

スタッフの皆さんは、本当に優しく、会話中にわからない英単語が出てきても

丁寧に教えてくれました。(無視する人もしばしば、、)

 

ボス(マネージャー)とのやりとりは、毎回苦戦していました。

とても早口で、キレやすい方だったので、

私が「?」って感じを出すとすぐに怒り口調になり、ますますわからなくなってしまいました笑
(マネージャーの優しさを知っていたので、嫌いになることはありませんでした)

 

お酒の知識はゼロ0

当時19歳だった私は、日本でお酒を飲む機会も少なく、

オーストラリアで初めて飲むお酒も多かったです。

 

もちろん、オーストラリアのビールの名前をわかるわけもなく、

クルーズ船に置くビールの補充の際は一苦労でした。

男性
マネージャー

PURE BLONDEを倉庫から取って来て欲しい。

了解しました!!

(プレブロンド?ってなに?ビールの種類??)

っていう感じで、何回も何回も失敗して聞き返して、慣れました。

*RSAの資格はちゃんと持ってました!

 

船酔いはする体質ですが、それどころじゃない

普段から、乗り物には酔いやすい体質でした。

もちろん、クルーズ船も例外じゃありません。

 

クルーズ船で働く前は、船酔いの面でも心配でしたが、

忙しすぎて、酔う暇もありませんでした。最初の方は確かに波が荒い日は少しだけ酔いました笑

しかし、出勤を重ねていくうちに、全く酔わなくなりました。

 

必死に働きました

他のスタッフと違い、致命的に英語ができませんでした。

私が英語ができないことを周りのスタッフは、「あなたの英語が上手だよ!!気にする事ないよ」

と励ましてくれましたが、私の中では納得がいっていませんでした

英語は、そんなに急には喋れることができないので、

どうにかこうにかマネージャーに評価されたかったので、

必死に働きました。

人よりも倍動き、人よりも長く働きました。

周りから「日本人は働きすぎ、、」と言われましたが、

働くことが楽しいと思えるほど、刺激的な毎日でしたので、

何も苦じゃなかったです(最高の働き方だと今でも思い返します)

 

もちろん、遅刻はしませんし、シフトもできる限り入るようにしました。

後々は、クルーズ船の中でもランクの高いクルーズ船で働くことができ、

貴重な経験を積むことができました。

 

まとめ

いかがでしたか?

このレベルでも、ローカルのアルバイトができちゃうんです。

特に英語のレベルはひどかったです

 

もし、英語がまだまだ未熟だから、ローカルは諦めようと思っている留学生の方が

この記事を読んで、少しでも気持ちが動いてくれたら嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました