【シドニー】私が時給$25で6ヶ月働いたクルーズ船のレストラン

オーストラリア

はいさい(こんにちは)! KiKKaKeです(@KiKKaKe

今回は、私が6ヶ月働いていたオーストラリアのバイトをご紹介します

そこで働いていた時の時給は なんと「$25」!!

どうやって見つけたのか、仕事内容などを深掘りしていきます

この記事を書いた人
kikkake

More

沖縄県出身 大学生 
「From Student to Student」 で学生から学生へ
私の経験や体験、余談を聞いて、あなたの何かのきっかけのとなれば幸いです

kikkakeをフォローする

【合わせて読みたい記事】

【最低賃金を下回る】ジャパレスで働いてはいけない理由in オーストラリア
オーストラリアで働くならやっぱり、英語を使って働きたいですよね。しかし、実際はそう上手くいかないことばかりです。今回は、日本人留学生の落とし穴「ジャパレス」について解説していきます。なぜ、「ジャパレスで働くな」と皆口を揃えて言うのか?
【厳選】オーストラリアの人気バイト8選
オーストラリアでも居酒屋で働くの?など、オーストラリアに対してバイトの疑問にお答えします。夢のバイスタ、チップで豊かに、英語で接客、カジノでも働ける!!?など8つの仕事からご紹介します。
【時給5,400円】〇〇の日は時給が3倍になる!?オーストラリアの時給事情を紹介
物価が高い分、とても時給が高いオーストラリア。そこで時給$75で働いていたKiKKaKeの経験をご紹介します。なぜ、こんなにも時給が高いのか。誰でも働くことができるのかまで、徹底解説いたします。あなたの留学でバイトするときのきっかけとなれば幸いです。
スポンサーリンク

クルーズ船内レストランのウエイター

クルーズ船内のレストランで、ウエイターとして働いていました。

皆さんが思っているほど大きなクルーズ船ではありません

1階、2階、3階ほどの大きさのクルーズ船で、席数も380くらいです

スタッフは、「シェフ、皿洗い、ウエイター、バーテンダー、マネージャー」計15名ほど

クルーズ船での仕事は、もちろん未経験ですし、ウエイターすら初めての仕事でした

もちろん英語でコミュニケーション

もちろん、そこはオーストラリアですので、コミュニケーションは全て英語

最初の方は英語が全然できなかったので、とにかく「YES,Ok! 」の連呼でした

留学に来て、3ヶ月目でまだまだ未熟でしたので、
ウエイターとしての仕事内容よりも、英語でコミュニケーションをとる方が難しかったです

ですので、

マネージャー「〇〇取ってきて!!」

私「△△ですね!了解しました」

マネージャー「違う!〇〇を取ってきて!」

私「はい!□□ですね!了解しました!!」

マネージャー「Noooooo!!」

このやり取りは、日常茶飯事でした

しかしスタッフ全員、優しい人ばかりだったので、私が英語ができなくても丁寧に教えてくれました
(怒られたこともしばしば、、)

週に20時間しか働けない

私は、語学学校に通っていたので

学校終わりにそのままバイトに向かっていました

出航する時間帯が1日に3回あり

 

12時〜15時まで

15時〜18時まで

19時〜22時まで

3時間ずつ分かれていたので、

 

私は学校終わりに 【15時〜18時まで19時〜22時まで】でした

 

学生ビザだった私は、週に20時間しか働くことができないので、

週3〜4回の出勤しか働くことができませんでした

20時間は十分ではありますが、少し物足りなく感じるときもたまにありました。

ひたすら料理を出す、下げる

こちらのレストランは、予約制となっていて、出航前に予約制をチェックし席までご案内

フィッシュビーフのコース料理が用意されており、お客様が席に着き

ウェルカムドリンクを提供したら、

そこからはひたすら、料理の提供です

 

前菜・メインディッシュ・デザートの3つのコース料理を、1階のキッチンから
ひたすら料理を提供し続けます

 

全席約300名をウエイター6名で提供するので、かなりの労働でした笑

1階から3階までの登り下りを繰り返し、その間に食べ終わった料理を下げての繰り返しです

英語のスキル不要、ウエイターは3枚持ちできればオッケー

先ほども話しましたが、

・英語のレベルは、留学3ヶ月目 学校で習っているのは「過去進行形」くらいのレベル

・ウエイターは人生初! 当時19歳だったのでお酒の知識もナシ

こんな私でも、なんとかなりました

英語に関しては、正直料理を提供する際に、どこに持っていけばいいかわからないと働けないので
テーブル番号は英語でも理解できないといけないかもです。(one,two,three,,,)

しかし、本当にそのレベルで大丈夫です

あとは、、、、なんとかなります

コース料理ですので、お客様との会話は

私「Here you are」

客「Thank you so much」

私「No worries」(オーストラリアでよく使われる『どういたしまして』)

これだけです。

料理もフィッシュとビーフですので、料理に関して質問されることもほとんどありません

ウエイター未経験の私ですが、三枚持ちさえできればオッケーでした

このような持ち方ですね!そして右手でもう1枚の料理をもつ。これで3枚

難しそうに見えますが、意外と簡単です

慣れてしまえば、4枚、5枚と持てるようになりました。(重くないお皿なら)

あとは、テーブルに
フィッシュの方には→お魚料理、

ビーフの方には→お肉料理を提供するだけです。 

バーテンダーになれる(雰囲気だけ)

1階と2階に小さなバーがありました

そこでは、ドリンクの注文を受け、そこで作る。ただそれだけです笑

シェイカーを使ってカクテルを作ったりなどは、あまりせず

ビールびんの栓を開けたり、ワインを注いだり、ウイスキーをロックで提供するなど簡単な作業でした。

最初は、ビールの種類を覚えるだけでも大変でしたが、慣れてしまえば簡単でした

最高時給は$75

皆さんが一番気になることは、やはり時給ですよね

過去に私の時給について紹介している記事↓

【時給5,400円】〇〇の日は時給が3倍になる!?オーストラリアの時給事情を紹介
物価が高い分、とても時給が高いオーストラリア。そこで時給$75で働いていたKiKKaKeの経験をご紹介します。なぜ、こんなにも時給が高いのか。誰でも働くことができるのかまで、徹底解説いたします。あなたの留学でバイトするときのきっかけとなれば幸いです。

オーストラリアの物価は高いで、有名ですが

その分、時給も高いです。(そうしないとやってられないですもんね)

オーストラリアでは、最低時給が $18 
(2019年7月1日から最低時給$19に引き上げ)

そして私の時給がこちらです($1=85円)

研修期間(2週間) $22

1,870円

通常時 $25

2,125円

祝日 $50

4,250円

大晦日 $75

6,375円

 

はい!大晦日に注目です!

なんと時給が$75 !!  

実は、オーストラリアでは

祝日(クリスマスや国の祝日)は、時給が2倍になります

そして、1年で唯一3倍になる日が そう大晦日です!!

 

12月31日の夕方6時から、出航に向けての準備があり、

1月1日の午前2時前まで働くことができます

 

12月31日(大晦日)は、3倍ですので→ 6時間勤務 =  $450(日本円で3万8,250円)

1月1日(祝日)は、2倍ですので→1.5時間勤務  =  $75 (日本円で6,375円)

合計したら、なんと 44,625円

日給4万は、初めての経験です。これからの私の人生に来るかもわかりません、、、

どうやってこの仕事を見つけたのか

率直に言うと、友人からの紹介+自分で直接連絡  です

もともと、友人がクルーズ船で働いていて、その頃私はバイト探しに明け暮れていました

そんな時に、その友人からクルーズ船のスタッフが足りていないことを聞き、

お願いをして、マネージャーの電話番語を頂きました。

その番号に、私から直接電話をかけ

「 I am 〇〇〇’s friend, Nice to meet you.  I want to work your company. Please,Please!」

みたいな下手くそな英語で、お願いしたら面接をしてくれると決まり 
急いで、英語の履歴書を作りました笑

後日、クルーズ内で1対1の面接が行われ、

質疑応答と簡単なテストをしました。

質問内容も、「どこに住んでいるの?週どれくらい働ける?どの期間オーストラリアにいるの?」など簡単なものでした。

テストでは、お皿の3枚持ちができるかどうかです

これは電話の際に、練習してきてと言われていたので、すぐに合格

面接が終わると、

「明日から来てね!!」

とだけ言われ、その日は終了。 

この仕事が見つかる前は、いくつものお店に履歴書を渡して、「 I want to work!」と言ったことか、、

まとめ

・クルーズ船内のレストランでウエイターを6ヶ月

・週に3〜4回 1日3時間から6時間  週に合計20時間まで

・時給は$25、最高時給は$75!

・友人からの紹介で仕事ゲット(直接電話して、アポとって勢いで面接)

と言う流れで、オーストラリアでバイトさせていただいてました

この仕事に出会えたことや高時給な環境で働けたことは運が良かったとしか言えませんが、

一番は、同じ仕事仲間の優しさが仕事を続けられた理由でした

あなたのバイト探しの何かのきっかけになれば、幸いです

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました